FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

访日感想翻译存档

存档一号。
目前的3篇。

激励我紧吧剩下的5篇完成啊,=皿=!!!

死线不我待啊啊啊啊!!!!!!!!!!!!!
今回は「弓道」を交流するために、日本に行きました。
日本に行く前に、私は弓道は「競技」と「精神修養を積む」の間に彷徨っていた。利根商の弓道部と一緒に稽古をした後も答えは見つかなっかた。利根商の弓道部で私はずっと競技からの圧力が感じていた。弓道部の少年たちは的を中るために全力を尽くしていました。私は的に集中して、手に握っている弓さえ忘れしまった、「道」は感じなくなった。彷徨ったままに水上町弓道場に行きました。
そこの弓道場は神聖荘厳でした、道場に入った瞬間それを感じました。そこの全てはこんなにきちんとして重々しくて、礼儀は一番大事な事。「細かいことからきちんとやります」っと心決めました。基本の礼儀作法から、全ては順調でした。それは私は勝ち負けに左右されなかったでしょう。矢を放った瞬間当たるかどうかは全然考えていなかった。
そこで「道」を感じました。日常生活にでも「細かいことからきちんとやります、そして期待している結果は自然に出てくる」ということを判りました。
ここに心から後閑先生を感謝いたします。私と江の当たり率は一番高いではないですけど、後閑先生からほめていただいて、本当にありがとうございました。後閑先生に認めて、私は「道」についての理解を深めてきました。以後の練習にももっと泰然になるんでしょう。
弓道だけではなく、ほかのことにもいろいろ感じました。
日本人は本当に礼儀正しいということ、そして自分の国と地球を守るきちんと意識していること。
ボランティア活動を参加して、森遊びサポートセンターの会長小林さんが私に深い印象を残りました。定年になってもエコの事業をとめずに、皆が生きている環境を守るためにずっと働いていた。
そして、ホームステイの大川さんもとっても尊敬していました。大川さんが今でも中国語、韓国語など多数の言葉を勉強しています、中国語の勉強はもう十年も経っていました。私は大川さんのことを見て、自分もちゃんと日本語を勉強したいっと思いました。大川さんがもう一度会いたい、そして日本語で話したいです。
最後に私たちを協力した水上町政府を始め、阿部さん、小林さん、後閑先生、藤屋の林一彦さん、佐藤さん、秋穂さんそして大川夫婦に心より御礼申し上げます。




日本に一番印象が残ったのは花。どこに行っても、見るところいろんな花が咲かんでいた。その花は町を柔らかく見えました。ある朝、大川さんが私たちを見送ったとき、彼女の友たちは彼女に自分が植えた花と野菜をプレゼントした、そして大川さんはを私たちを友たちに紹介しました。たっだ2分間なのに、私はこんな簡単で平和なライフスタイルにとってもあこがれになった。
ちなみに、その野菜はも食べました、新鮮で美味しいでした、お花は部屋に飾りました、とっても綺麗でした。

パブリックで日本人は自分の話声に注意しています。地下鉄の中は喋る人は帆トンとないです。でも弓道交流のとき、向こうからの「お願いします」の叫ぶ声は私を感服しました。その叫ぶ声は相手の根性と気合を聞こえました。その声を聞いた私たちも覚悟を出来ました。

今回会った日本の友人たちからもいろいろ勉強になりました。日本を背負った世代はどれほど苦労をしましたか私たちは想像できないかもしれないけど、実際接触したあど、日本が速く発展した理由もわかりました。ホームステイの大川さんが毎日時間を科学できに分けて何種類の外国語を勉強しています。毎回大川さんが自分の「中国語先生」、「韓国語先生」を話したとき、自分の心にいつも「彼女を見習ってよ」の声がありました。
それ以外、日本人は皆自分の手帳を持っています、やることを記録します。とっても計画できて、効率が高めると思います。

今回行った弓道場は壁にスケジュール、弓道知識、成績、試合記録とかが貼ったいます。プライベートと弓道場ではまったく違う人もありました。弓と矢を持つと、雰囲気が変わった。私たちは強い勢いを感じた。
日本の弓道学生と接触した後、私はまだまだ初心者ということをわかりました。7年、8年も弓道を続けた、一日300射、手にたこが出た人もありました。彼らは全身全霊を弓道に捧げる、その心の光が私たちに見せた。内藤先生の弟子、秋穂先輩は卒業した後、自分で海に行って砂を家に運んで弓道を練習します。「努力すればきっとできる」って私たちに教えた。

日本にあった人々はとっても熱心で私たちを招待してくれた。弓道の指導もとってもいいでした。日本の皆、大川さんの朝ごはん、全てが懐かしいです。


この訪日交流から勉強になったことはいっぱいあります。必ずその中に一番印象的のことを言うのなら、それは日本人の文化への尊敬と「道」を追う心。
前私は日本は経済と文化産業が高度発展したが人民が疲れている国だと思いました。でも今回実際日本にきたら、その間違えた考えは徹底的に変わりました。電車で東京を通ったとき、高層ビルの代わりに、小さな住居が見ました。その中に古い部屋と神社がありました。何百年の歴史もあったかもしれないが、現代の建物とうまく融合していました。私たちが住んでいた水上町の藤屋は百年の歴史を持った温泉旅館でした。カードセキュリティーとか、部屋付のトイレとかがないです、服も自分で洗います、自分で畳に布団を敷きます。その藤屋は私が住んだ一番心地いい、自分の家に帰ったみたいな旅館でした。皆畳に座って話しながら、女将さんが作った料理を食べます。いいところに話したとき必ず飲みます。隣の客さんから笑顔で挨拶をした時、私もまたへだな日本語で挨拶します。その一つ一つの画面の中、世俗な優しい気持ちが自然と溢れていました、小津安二郎の映画みたい。それは現代都市の人たちが本当に足りない、そして心から望むことでしょう。
体育文化交流団として、私たちは日本の高校と大学を見学しました。どんな学校に行っても、私たち中国大学生が日本学生の活力と強靭で揺らぐことがない精神に敬服しました。私はその賛嘆すべき品質の育成は日本の体育教育と重要な関係がありますっと思います。日本の若い人はほとんど何かのスポーツがやってます。野球やサッカーみたいな西洋スポーツもあります、弓道や、剣道や、柔道みたい伝統スポーツもあります。どんなスポーツでも、中学から大学までずっとやる続けていた、社会人になっても止めない、一生続けます人もありました。それは試験を受けるために教育された私たちにとって想像も出来ないことでした。でも、多くの日本人にとってそれは生活の一部でした。スポーツからの鍛錬と悟るは彼らと一緒に成長します。今度会った二人のお爺さんは私に深い印象を残りました。水上町の82歳の後閑先生と札幌の90歳も超えたの野呂先生です。彼らは違う職業ですけど、同じ弓道同人でした、そして弓道を一生の追求にしました。彼らの鶴髪童顔の顔を見ながら、彼らの弓道への熱情を感じます。彼らの比べて、利益を考慮し、損と得を気にかけてる私は本当に恥ずかしいです、自分が持ってる弓も平日より重くなっている。命の「道」への追求を運動で叶う、それは大和民族の生命力、その民族自強、自律、自覚の源でしょう。
今度の交流が終りました、私たちは中国に戻りました。でも頭にまだいろんな考えと疑問があります。実は、新しいの旅がまだ始まったばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

WhAt tiMe Is iT?
プロフィール

榨菜

Author:榨菜
ラルヲタデス。
腐デス。

CalendArchive
最近のコメント
月別アーカイブ
Category
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。